chrome 保護されていない通信 対処

最近『 保護されていない通信 』と表示されます ...

 ホームページ・Webサイトをみていると、上部のURL表示の左部分に「保護されていない通信」と表示されるものがあることに気がつくと思います。これは、2018年7月24日にリリースのGoogle提供ブラウザGoogleChrome 68から採用されたセキュリティーに対する表示強調で、閲覧しているページの安全性を教えてくれるひとつの目安となります。

保護されていない通信

「保護されていない通信」と表示されるWebページは ...

 保護されていない通信と表示されるWebサイト・ホームページは、通信に「暗号化」がいまだ採用されていません。たとえば閲覧履歴やクレジットカード情報、さまざまなIDやパスワードなどの個人情報が、インターネット通信の過程で読み取られる可能性があります。無線LAN・Wifi 使用時などでは特に注意が必要です。

保護されてないホームページ

「保護された通信」と表示されるWebページ

 保護された通信と表示されるのは『常時SSL』を採用したWebサイト・ホームページで、文字通り「SSLサーバ認証書」 による「暗号化通信」が常時使用されたものです。そしてURLアドレスに https:// とセキュリティーを示す「」がつきます。数年前まで「SSLサーバ認証書」 による「暗号化通信」はメールフォームやショッピングサイトの決済ページなど 特にセキュリティーが重要になるページのみに採用されていましたが、現在では全てのページの通信をSSL認証による暗号化によっておこなう事が標準として求められています。

「保護されていない通信」をそのままにしておくと...

情報漏えいの心配ばかりか、様々な弊害が生じます。

  • ホームページの閲覧数が減ります。
  • 商品を購入してもらえません。
  • 会社の評判を落としてしまいます。
  • Web担当者の責任が問われます。
  • 情報漏えいなどが発生した場合、責任比率が多く問われる事が考えられます。
  • 10月のChromeバージョンアップでは、赤色の警告表示が!!

    赤色警告では企業イメージなどに致命的な損害が生じます。

    保護されていない通信と表示されたホームページのアクセス

    ◆「保護されていない通信」を「保護された通信」に変える

    サーバに「SSLサーバ認証書」 による「暗号化通信」の設定を行う必要があります。

     「SSLサーバ認証書」 による「暗号化通信」の詳しくは別頁にてお伝えする事として、このページをご覧の方々の喫緊の問題は「保護されていない通信」の表示を「保護された通信」に変える事だと思います。 「SSLサーバ認証書」 による「暗号化通信」の設定は、パソコン操作でのインターネット利用になれた方なら比較的容易な場合があります。

    ◇レンタルサーバを使用している場合
     ホームページは レンタルサーバーを使用し運営されている事が多く、そのレンタルサーバにはSSLサーバー証明書の設定サービスがあります。以前は「シマンテック」「グローバルサイン」「ジオトラスト」…などのブランドの認証局を利用してSSLサーバ認証書を設定する必要がありました。常時SSLが標準となった現在では、非営利団体の ISRG (Internet Security Research Group) が提供する無料SSLサーバ認証書「 Let’s Encryp 」を使用したサービスを導入できるところが多くなっています。この「 Let’s Encryp 」を使用したサービスは一般的に他のブランド認証局のものに比べて導入が容易です。
     ECサイトなどサイト運営者の信頼性を強くアピールする必要がある場合は従来のブランド認証局によるサイトシールの取得が必要と思われます。この場合は各認証局のブランドやサービスのコースにより価格が様々です。

    ◇制作会社などがホームページの管理を行っている場合
     制作会社などにホームページの管理を委託されている場合でも、レンタルサーバによって管理されている場合が多いため、まずその制作会社などに問い合わせてみてください。また、この機会にレンタルサーバを自社で契約しホームページを運用される事も、今回のような様々な問題への柔軟な対応のためにご検討ください。

    ◇自社サーバやホスティングサービスなどの場合
     技術担当者がブランド認証局やLet’s Encryp のSSLサーバ認証書の設定導入を行う必要があります。

    参考:無料で常時SSLが可能なレンタルサーバの例

  • SAKURAサーバ
    https://www.sakura.ne.jp/
  • エックスサーバ
    https://www.xserver.ne.jp/
  • KAGOYAサーバ
    https://support.kagoya.jp/
  • お名前.comサーバ
    https://www.onamae.com/server/
  • ほか多くのレンタルサーバが対応します。

    参考:無料で常時SSLが可能なレンタルサーバの例

  • SAKURAサーバ
    https://www.sakura.ne.jp/
  • エックスサーバ
    https://www.xserver.ne.jp/
  • KAGOYAサーバ
    https://support.kagoya.jp/
  • お名前.comサーバ
    https://www.onamae.com/
  • ほか多くのレンタルサーバが対応します。

    目的
    ◆GoogleブラウザChrome現行バージョンは
    『保護されていない通信』と表示されるようになりました。 ホームページ運営者の対処は必須ですのでお急ぎください。
    →詳しくはこちら
    ◆運営ショップもご確認ください。

    ページトップへ